幼少期から持っている長年の肌の悩み

男性、女性問わず肌の悩みはつきものですが、
30代を迎えて更に肌の状態も変わってきました。

ラントゥルースの口コミ評価!

特に悩んでいるのが、毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)です。
症状としては、皮膚の表面上に小さなプツプツが現れ、赤みを帯びる状態になります。
二の腕にも良く出来るようですが、私の場合、二の腕と両頬の下辺りにできています。

この症状が出始めたのは幼少期辺りから。
ほっぺが赤らむ林檎病ともよく間違えられましたが、そうではありませんでした。
思春期の頃に肌のことも気になるようになり、毛孔性苔癬をどうにかしたいと感じ皮膚科にもかかりました。
しかし、この症状に直接効く薬は無いらしく、医師が言うにはとにかく乾燥させず保湿する、という事でした。

少しの絶望を感じながらも、一応処方してもらったクリームを塗りましたがあまり効果は得られませんでした。

大人になりお化粧をする日々の中で、コンシーラーを患部に塗布する事で、赤らみもほぼ消えるので非常に助かりました。

30代になった今でもプツプツと赤らみは消えていません。
しかし、生活習慣を見直し、食事の管理を行う事で少しマシになってきたようにも感じています。もちろん保湿は欠かさず行っています。
もしかしたら医療エステなどで良くなるのかもしれませんが、
そこまで出来る財力はないので、日々の暮らしで出来る事を試しつつ、様子を見ていこうと思います。