10年以上悩み続けた背中ニキビ

私は、中学生から背中ニキビに悩み、夏の海やプールが憂鬱でした。

現在でもニキビ跡がひどく、まだ人前では見せられませんが、

ある薬に出会ってから、着実に改善してきました。

その薬は、ツムラ漢方の「荊芥連翹湯」です。

http://www.mtbgalaxy.com/

まず初めに漢方医学と西洋医学の違いを簡単に説明すると、西洋医学は治したい箇所に対して集中的に治療を行う医学で、
漢方医学は、身体全体から改善してく医療になります。

その為この漢方は、ニキビだけではなく鼻炎にも効く薬で、蓄膿症でもある私にはもってこいの漢方だった訳です。

まず背中ニキビの原因となったのが、おそらく食生活、身体の洗い方、遺伝だと考えています。

大学卒業までスポーツをやっていたので、食は揚げ物などの高カロリーな食、汗をかいたのにも関わらず、ブラシを使わず手で洗っていたことが原因だと思います。
また、親も肌が弱く胸にニキビがありました。あとは、リュックにも原因があります。
背中周りに集中して汗をかくので、一つの原因もあります。

このように原因が沢山ある中で、一番気をつけなければならないのが「汗をかくこと」。

上記の事を気をつけるだけで、だいぶ違います。そこで一緒に漢方も摂取することで鬼に金棒という訳です。

以前までは、西洋医学での治療で塗り薬や飲み薬を服用していましたが、まったく効果がなく諦めかけていましたが、皮膚科を変えて漢方にで出会って、

人生が明るくなった気がします。