私のアトピーとの人生

アトピーってどれくらいの割合でいるんだろう。
自分もそうだけれど、自分の場合は高校生の頃から症状が現れました。最初の頃は腕の内側とか首の後ろとかで隠せていたけれど、大学に入ってからは顔のも現れて隠せなくなった。

http://www.workofheartgarden.org/

高校生までは肌について、なんの問題もなかったのに突然!当時皮膚科の先生に言われたのが、受験のストレスとか、化粧品が原因と言われた。
大学生になってからは、不規則な生活やファストフードが多かったかなと思う。

そんな私は、いくつも病院を変えてみたり、食事を見直したり、化粧品を使わないようにしたり、家に超音波のお風呂を取り付けてもらったりしたけれど、まったくダメ。

今、思えば、両親にお金をかけてもらっている分、早く治さないと!とストレスになっていたのかも(笑)
結局は、とある病院のやり方が自分には合ったようで、すごく改善されました。

しかし、その先生に体質だから完治はしない、ストレスをためない、食事を気を付けるなど、生活をきをつけるように言われました。そうそう、親身になってくれるおじいちゃん先生でしたが、結婚はストレスがたまるからよく考えなさいとも(笑)

もともと、私も病院通いでアトピーで辛そうな赤ちゃんをみていて、遺伝とも聞くので結婚する気も、子供を授かる気もありませんでした。
でもそんな私も結婚。子供を期待してもいいかな?とも思えました。なぜなら、私も治してくれた先生がいるから。
もし、自分の子にアトピーがでても、きっと何とかしてくれると思ったからです。

今、中学生と小学生の子供がいますが、現在アトピーは出ていません。でも、子育てをしていく中で私のアトピーで不憫な思いはさせました。
それは海やプールで遊んであげられなかったこと。私は海やプールに入った後は、痒くて辛くて皮膚科に行くようになってしまい、
いつしか一緒にいっても水中担当はパパ、ママは荷物番になりました。

でも、そうやって家族がそれぞれの役割でできているのはいいかな。