コロナ禍における肌老化

コロナ禍で、世間が大変な毎日ではあるが、私自身の肌もこの一年で一気に老け込んだ。原因はなんといってもマスク。もはや生活必需品となってしまったマスクの下で、表情を意識しなくなったせいか、ほうれい線が伸びに伸び、マスクを外した時の自分の顔にがっかりする。接客業をしているので、表情は常に意識し口角を上げて仕事をしてきた。なので、そこまでほうれい線が出来たことに悩んでこなかったが、コロナ禍での生活でその悩みが一変した。いずれマスクを外した生活に戻ることを考えると、今からでもリフトアップケアを地道に続けていくことが、大切かもしれない。

http://www.ulmgray.com/

他にもマスクによる摩擦で乾燥が急加速した。フェイスラインには出来たことのなかった吹き出物が発生し、人生で初めてニキビケアシリーズのスキンケアに手を出した。吹き出物が治りきらなかった所は色素沈着をしてシミになり、美白ケアにも勤しんでいる。一つの悩みが派生し、色々な肌トラブルを引き起こしている現状。
様々なスキンケアシリーズを試し、頑張ってきてみたものの外側からだけではなく、内側からのインナーケアの重要性もしみじみ感じた。私たちが口にする食事はなんといってもその第一歩。菌活を意識し、身体を大切にすることで肌への影響もずいぶん、違うように感じる。

マスクを外して生活する時が必ずやってくる。その為にも、コロナ禍以前よりも健康的な素肌を目指して、コツコツ努力を積み重ねていきたい。