ニキビの悩みは、日々の習慣付けで解決

20代です。私のお肌の悩みは、幼い頃からニキビです。脂肌で、揚げ物やお菓子なども好きなことが原因で、中高生時代は特に症状がひどかったです。この時期は自由に使えるお金もないために、化粧品や治療薬も買うことができませんでした。ニキビのこのピークの時期は思春期が終わると同時に、自然におさまりました。当時は、周囲はニキビが出やすい時期でも、綺麗な肌の子が多くて恥ずかしい気持ちでした。

MELLIFE(メリフ)

これがトラウマになってなのか、今は必死にケアをし、食生活も心がけています。その結果、ストレスや睡眠が乱れても、中高生の時ほどには深刻になっていません。美容外科には通っていませんが、化粧落としや洗顔フォームに何よりもこだわり、朝とお風呂上がりには化粧品と乳液でしっかり保湿します。また、芸能人でやっている方が多いという「休顔日」を週に一度は作って、メイクも日焼け止めもなしの日を作っています。また、食生活では豆類や緑の野菜を中心に食べています。

また、グレープフルーツやイチゴもお肌のために摂取しています。こうした努力の結果、不規則な仕事ですが、ニキビや吹き出物にはあまり悩まなくなりました。このように日々の心がけは意外と費用も抑えることができるし、最初はめんどくささや負担に感じることもありましたが、今はそういう負担も感じません。肌質上、食生活への心がけはプレッシャー0ではないですが、今後もこの方法を続けたいです。