天然素材で染めてみた

若い頃から白髪が目立っていたので、髪全体を明るい色でまとめようと染めてはいましたが、段々白髪染めに髪が負けて傷みが目立つようになりました。

白髪がまとまって生えているなら白いメッシュになるのに、私の場合はあちこちまばらに生えるので、そのまま放置したらみすぼらしいのも悩むところです。

そんなときに「天然の染料で染めれば髪も傷まないよ」と、友人がいくつか勧めてくれました。
http://seattletters.org/

1つ目は、毎日のトリートメントで染めるタイプの白髪染め。天然の染料入りで毎日少しずつ染められるので髪が傷まないとか。これなら「いつの間にか根本が白い」なんて失敗もなくていいかなと思ったのですが、なぜか白髪が染まらない。白髪染めで黒髪は傷んだのに、どうやら白髪は元気なままだったらしく、思うように染まりませんでした。ちなみに黒髪は元気になったので、トリートメントとしては優秀でした。

2つ目は、オーガニック染めの美容室で染めてもらう方法。プロの美容師が染めてくれるからまず失敗はないし、オーガニックなら髪にも優しいしよと、友人が通っているお店を紹介してもらいました。

確かに髪は丁寧に扱ってもらえて白髪もきちんと染まりました。ただ、オーガニックなだけあって、根本の白髪が目立つたびに通うには、懐が少々厳しいという、とても恥ずかしい結果となりました。もともと家で白髪染を行っていは私には、贅沢すぎる時間でした。

3つ目が、ヘナという染料で染める方法。ただしヘナ染めは草の匂いが強くて時間がかかる上に白髪がオレンジ色に染まるので、おしゃれ染め感覚だよ、と友人が説明してくれました。確かにこの方法だと白髪が明るいオレンジ色に染まりましたが、黒髪と混ざればさほど気にならず、私としては色は気になりませんでした。染めるための時間も、休日をのんびり過ごす方法としてはぴったりで、ステイホームにピッタリでした。匂いに関しては私は気にならなかったけど、だめな人はとことんだめな匂いなので、ヘナは人を選ぶかも知れません。

どの方法でも髪は元気になったので、普段はヘナをつかいつつトリートメントでケアをして、ご褒美にオーガニック染めに行こうと思いました。