何か分からないことはカードローンの相談を利用

カードローンを提供している銀行や消費者金融によって、相談窓口が備わっていることがほとんどです。何かカードローンのことで分からない部分がある時は、気軽に相談して問題はありません。相談したからといって、カードローンの申込が難しくなったり、審査が厳しくなるということは一切ありません。

即日キャッシング

誰でも気軽に相談できるように環境が整えられているので、カードローンで分からないことがある時は相談して大丈夫です。相談することによって、カードローンの詳しい詳細を知ることができ、自分にとって魅力的なカードローンなのか判断することができます。そして申込を実施して、無事に審査を通過できれば、自分に最適なカードローンを利用してお金を融資してもらえます。

キャッシング返済のコツはどこにあるのか

まずお金を借りるときには当然ながら返済を考える必要性があります。それはキャッシングにもいえることになりますが、まずは早めに返済することです。それこそ随時返済によってしっかりと前倒しすることによって少しでも利息を抑えることができるようになります。

プロミスならスマホで申込み※無人機で即日融資も可能

では、そもそもどのような返済の方法、手段があるのか、ということですがまずは基本的には店舗です。無人店舗で返済をすることができます。もう一つがネットなどから返済をすることです。そうしたことも最近では可能になっていますから、とてもメリットがあります。返済の手段ですがそんなに難しいことではないですが、極端に無理をして前倒しをして返すようなことはしないことです。あくまで計画的にやりましょう。

注意したいモビットの2つのデメリット

モビットは三井住友グループの消費者金融なので安心して利用する事が出来るというイメージがあります。即日融資に対応していてネットですべての手続きをする事が出来るのでメリットが多い印象もあります。しかしモビットにはデメリットになる点もあるので注意しながら利用する必要があります。そこで注意したいモビットのデメリットを確認していきましょう。

http://www.shanowebdesigns.com/

・無利息サービスがない

アコムやプロミスは無利息サービスがあるので適用対象となっている初めて利用する人はサービス期間中は無利息でお金を借りる事が出来ます。しかしモビットは無利息サービスがないので初めて利用する人でも初回の借り入れから利息が加算されていきます。金利も高く設定されているのでモビットでお金を借りる時は無利息サービスがない事をしっかり頭に入れておきましょう。

・少額の借り入れでも収入証明書の提出が必要になる事がある

消費者金融は50万円以下の借り入れをする時は収入証明書の提出が不要になります。しかしモビットは少額の借り入れをする時でも収入証明書の提出を求められる事があります。収入証明書は源泉徴収票や課税証明書など準備するのに手間がかかる書類ばかりなのでデメリットに感じてしまう人が多いです。モビットを利用する時は収入証明書を準備しておく必要がある事をしっかり頭に入れておきましょう。

個人事業主がお金を借りるのは難しい?

個人事業主を簡単に言うと、法人として開業手続きをしないで事業を始める全ての人を言います。個人事業主として事業を開始するには所轄税務署に開業届けを出すだけでOKで、お金はかからないのが特徴です。

このblog的には、個人事業主は普通のカードローンの審査に通りにくいのが特徴です。そもそも普通のカードローンはほとんどの場合事業用資金に充当することを禁じています。

プロミス

そこで個人事業主はヒジネスローンという事業資金専用のカードローンを契約するのがオススメです。無担保・保証人無しで契約できますし、総量規制の対象外なので巨額の融資が可能となります。ビジネスローンは金利がやや高く提出する書類が多いのがデメリットでありますが、資金難に苦しむ個人事業主の強い味方となります。