薄毛治療の通院歴15年

薄毛が遺伝するということは知っていたが、私の場合、父がフサフサだったので完全に油断していた。ところが予想に反し30代半ばから急に抜け毛が増え始めた。その時初めて知ったのだが、早く亡くなったために会ったことの無かった母方の祖父が若ハゲだったのだ。私は慌てた。

ヘアージュを辛口評価!

色々調べてみると、食生活改善や頭皮マッサージなどの地道な取組みの他に、コストはかかるがミノキシジルとフィナステリドの組み合せが効果が高い薄毛治療であることが分かった。ただ、30代で発毛剤を買いに行くのは結構恥ずかしい。

薬剤師への相談は必要なもののミノキシジルは薬局で買えるが、フィナステリドは処方箋が必要なため通院せざるを得ない。近所の取り扱い医院を探し、できる限り目立たないように通い初めた。

ミノキシジルとフィステナリドの組み合せは確かに効果的で薄毛の進行は劇的に止まり、治療を始めて15年以上経った今も十分な毛量が残っている。

ただ、通い続けている医院では先生から看護師まで完全に顔と名前を覚えられてしまい「いつものお薬ですね。」と完全に常連扱い。加えて、薄毛なだけなのに「お大事になさって下さい!」と笑顔で送り出されるのは未だに恥ずかしい。

30歳を超えてるくらいから薄毛に悩み始めました。

私は現在41歳の会社員。2人の子どもを持つ父親です。今の悩みは頭頂部の薄毛。薄毛というよりはもうほとんど毛が生えてこないような状況です。私の祖父も、父親も頭がはげていました。おそらく私もいつかは禿げてくるのかなという恐怖から若い頃、よくわからない通販で育毛剤を購入したり、トニック系のシャンプーやスプレーを塗布したりしていました。AGAの相談に医者に行ったこともあります。

HAIRICHE(ヘアリシェ)育毛エッセンスの評価

しかしこれといった効果もなく、そのまま30歳前に結婚。その後特に頭髪についての禿げる恐怖は忘れ、なんとなく生活していたのですが、あるときふと頭頂部から薄くなっていることに気づきました。製造業ですので動き回り汗をかくこともあるため、さすがにカツラやつけ毛をするわけにもいかずやむおえず、坊主頭にすることにしたのです。その後数年し、子どもが多感な時期にさしかかってきたころ、娘から「お父さんなんで坊主なの?なんで禿げているの?他のお父さん髪型かっこいいのに…」と言われるようになりました「恥ずかしいから一緒にあるくときは帽子被って」ともいわれます。

さすがにショックというか現実を突きつけられた思いがしました。頭が禿げているのは、ほくろが多い人とかシワが多い人と何ら変わらない気がするのですが、非常につらいです。禿げているだけで人格も否定されているような気がします。テレビ番組のバラエティーなどでも禿げいじりが多くとりあげられています。江戸時代や戦国時代の武将を思いうかべると皆頭の頭頂部を剃ってたように、未来は頭が禿げていることがステータス、かっこいい対象になる日が来ると良いと思っています。

年末はストレスと乾燥のダブルパンチで頭皮が最悪の状態に・・・

年末でストレスが極まって来るのと同時に、酷く乾燥するシーズンが訪れるとなれば、当然薄毛の頭皮に掛かる負担も大きくなり、不快感も我慢出来ない程になってしまいます。ニューモ

仕事中は常に誰かの視線を頭に感じつつ、カサカサ・ピリピリする頭皮を我慢しながら集中しなければなりません。オフやプライベートなら帽子を被るなりしてガードし、安心感を得る事が出来るのですが、帽子が着用出来ない仕事となればそうもいかず、日々心が落ち着きません。

気が付くと頭皮が緊張でガチガチに硬くなり、このままでは残りの髪の毛も抜け去ってしまうのかと思える程に。そんな時は意識して1時間ごとに入念に頭皮マッサージを行い、少しでも緊張感を解す様にしています。

とはいえ、そんな行為を仕事仲間に見られるのは恥ずかしく、大抵はトイレに出掛けたついでにやっています。ストレスと乾燥が酷いのか、ちょっと頭皮を揉み込んだだけで白いフケが大量に落ちてきて、ゲンナリさせられます。自分としては日々入念に育毛シャンプーで洗髪しているだけに、育毛効果以上にこの大量のフケが納得出来ません。

ようやくストレスから解放され、頭皮の緊張が緩むのは深夜の帰宅時。風呂に浸かり1日を冷静に振り返られる状態になって初めて、頭皮に血が巡り温まってくるのを実感出来ます。髪の毛に意識が向かない様になればストレスも減り、若干はマシになると思うのですが・・・

カラーリングによる髪の悩み

気分が落ち込む毎日が続き、リフレッシュのため思い切って金髪にブリーチをしました。美容室で2回ブリーチをして、それから、さらにその上にカラーで色を入れてもらました。

フッサ育毛剤

何度も重ねてカラーリングをしたため、髪がバサバサになってしまい、うるおいや艶がなくなってしまいました。カラーリングの出来は満足でしたが、髪の痛みがひどく悩んでいます。美容師さんには、シャンプー後には必ず毎回トリートメントをしてくださいと言われ、ホームケアで頑張って管理をしていますが、なかなか改善しません。

シャンプーをするとき、カラーリングがとれないように熱い湯で洗うのではなく、ぬるめの湯で洗ったほうがいいと聞き、実践していますが傷んだ髪はなかなか修復できません。美容師さんおすすめの、カラーリング専用の”色のついたカラートリートメント剤”を家では使用しています。

これらの対策でなんとか痛みは大幅に抑えられているのですが、一度傷んでしまった髪はなかなか元には戻りません。バサバサでうるおいがなく、ひろがりやすいため、毎朝のセットは必須です。そして、年齢とともに白髪も増えてきて黒髪の部分に白髪もすこしずつ混ざり始め髪の悩みはつきません。